投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

オートグランツ店主のブログ

autoglanz.exblog.jp

京都車買取中古車販売情報など

ベンツ C180  W203(前期) カーナビ取り付け

2003yモデル W203(前期)のカーナビ交換の交換です。


TVは見ないとのご要望により、イクリプスAVNシリーズ550HDをインストール。
インストールキットはpb製・MB203A2D01Aを使用。
オプションのCANバスアダプターⅢ BIF-MB19Lを使って車速センサーを簡単にひろいたいところですが、
無駄に高いのでここは頑張って購入せず直取りにチャレンジチャレンジ!






取り外し前のノーマルです。
う~ん・・・カセットチューナー・・・。
念のため取り外し前にカセットの取り出し忘れチェック!!
入ってないだろうと思いきや、入ってましたので、一応取り出しww






では、取り外しにかかります。
シフトゲートパネルはフロント部分に左右2箇所クリップで留まっていますので、
真上に抜きます。
後ろ側は、差し込んであるだけですので、前方にスライドさせて取り外します。
私は、完全に取り外ししませんので、外れましたら作業しやすいようにこのような感じで。
灰皿はクリップだけですので真上に取り外します。






次はセンターのダクトの取り外しです。
端をこじって、ダクトを上に上がるモードにすれば下に隙間ができ、トルクスT20が留まっています。(下記の画像左側のダクトが上に上がるモードで右のノーマル位置との差がわかると思います)
市販のL字ではとうてい届きませんのでT20ドライバーで取り外し。
カバーを外すと作業しやすいです。
上面にギザギザのフック(親指の上の部分)があるので、無理に引っ張らずにマイナスでこじればスムーズに出てきます。







上の部分の取り外せば、あとは下の灰皿奥の左右2本のトルクスを外せは、フロントパネルが簡単に取り外せます。







次にGPSアンテナ&ワンセグアンテナを取り付けます。
まぁここは普通にルーフからAピラーにそわして・・・







さてさて、全てが順調にいき、楽勝モードのなか、車速センサーがエンジンルームABSユニットから取り出す予定ですが、「この車メクラ蓋ないし~」って思いながらひたすら、ばらていきます。
国産車なら、あるはずのメクラ蓋無いし~
エンジンルーム内のエアクリ外してバッテリー外してもそのような箇所はなく・・・あった!!







こんなん無理無理~!
一応ジャッキ上げて下にもぐってみましたけど、こんなとこから車速センサーの配線の取りまわし聞いた事無いしww
絶対もっと簡単なとこあるはず~
ってことで今度は運転席の足元をバラいてみます。







おっしゃ~!
ヒューズボックスから光が!!
ここから配線を通すことに成功^^
配線をABSユニットまで取り回し、事前に調べていた46本の配線の中のうちの緑/黒が車速っぽいってネタ信じて接続。
とりあえず、違ったらあとで直す予定で仮留め。







pbのインストールキットでスピーカー配線と常時電源の接続、そして欧州車には欠かせないFMアンテナの変換ケーブル接続。すばらしい変換ケーブルです^^






あとはアクセサリーとイルミネーションの接続。
シガーライターに向かっている3本線より取り出します。
検電器でチェック。
青/白がイルミネーション、黒/黄がアクセサリーと判明。







ナビ側のパーキングは接続せずアースに落とします。
これで走行中TV●●!
バックモニターも取り付けしませんので同じくアースに落とします。






これでひと通りの接続完了!
とりあえずその他、アンテナ類のコネクターも差し込んでとりあえず
キーオ~ン!

電源OK~!
そして試走!
車速OK!(一発的中!)






車速取り出し部分の仮留め部分の処理を済ませ、本体を取り付け。
後ろにスペースが無い為、なかなか収めにくいですが根気よくインストール。
完成しました!^^
国産車の様になかなか思うようにいきませんが、何とかなるものです^^




■  [PR]
by autoglanz | 2011-05-12 22:07
XML | ATOM

skin by excite
ブログトップ